読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界でひきこもりたい

さあさあ、どう生きましょうか。

ただいま、2016年夏のヨーロッパ周遊一人旅を綴っています。

邪道に行こう!キャスター付バックパック

スーツケース派vsバックパック派で

きのこの山vsたけのこの里並みに論争になると思うんですが…

(わたしは、たけのこの里派!)

長期で定住するならともかく、よく移動する旅に、

スーツケースって人は、なかなかいないんじゃないかな…
でも日本女子には、なかなかでっかーいリュックを背負う気になれない…

 

そういうときのキャスター付バックパックです!!!


邪道でも、いいんです。


普段はコロコロと引きずって、
いざ山道となったら、リュックの紐を出して、背負えるタイプ。

 

私は5年前くらいから使ってますが、正直、好き。


山道とかサバイバル的なところに行ったことはないので、わかりませんが、
カナダワーホリ、オーストラリアワーホリ、マチュピチュ、今回のヨーロッパと
困ったことは、特にないですねえ。

 

といっても、今まででリュック型を召還したのは、1回だけ。
「それ、スーツケースでもよくない?!」って思うかもしれませんが、
その唯一の1回は、スーツケースだったら、途中でほり投げてましたよ。
ドイツのライン川沿いのバッハラッハという街の古城ユースホステルに行く道が、

見事な山道。ライン川にスーツケースをポイっとしたくなりますよ。

軽く登山です。

あそこは、スーツケースを引っ張って登るのは大変。
そこで初めてリュックとして背負ったんですが、

神様に感謝です。あぁキャスター付バックパックを与えてくれてありがとう。

 

私がキャスター付バックパックを使ってみて感じたメリット&デメリット


【メリット】

・コロコロできるので、重いものをもたなくていい。
・いざというとき、背負える。
・物自体が軽いので、重量オーバーを気にしなくてもいい。
【デメリット】
・割れ物が買えない。
・ヨーロッパは意外と石畳が多いので、コロコロするのが大変。

 

私は、キャスター付バックパックにして良かったと思っています。

 

いつ本編が始まるのか…

そろそろなはずです。