読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界でひきこもりたい

さあさあ、どう生きましょうか。

ただいま、2016年夏のヨーロッパ周遊一人旅を綴っています。

3か月ヨーロッパ旅の費用

ヨーロッパ周遊準備編

 

まずはザックリ準備することを紹介

・航空券の購入
・保険に加入
・訪れる場所のリストアップ&ルートの検討
・ユーレイルパスの検討

・最初の宿の予約

大きいものだと、これぐらいですかね。

 


でも、まずは、みなさんが気になるであろう費用。
リアルな数字いきますよ。


航空券:¥105,120
保険(96日分):¥62,670
ユーレイルグローバルパス(3か月):¥197,900
持ち物購入費:¥5,000
生活費:¥810,810

合計:¥1,181,500

 

 

携帯品購入費は、私はバックパックなど基本的な物は

もともと持っていたので、シャンプーなどの消耗品を購入しただけなのです。

なので、いちから購入しなければならない方は、もう少しお金がかかるでしょう。

 

生活費には、

宿泊費・食事代・交通費(地下鉄や高速列車の予約料)・お土産代

などの現地で過ごすために必要な経費が全て含まれています。

 

 

調べていると、いろんなブログでみかけたのが、


『ヨーロッパでの1日当たりの滞在費=1万円』という説。

 

なので、私はユーレイルパスを購入したので…

96万円-197,900円(ユーロレイルパス代)=762,100円
762,100円÷96日=7,938円

 

「よし!およそ8,000円で一日を過ごそう!」と目標を掲げる。
(本当はこんなに細かい計算はしていません。おおまかに、ノリで決めました)

 

 

結果発表

197,900円(レイルパス代)+810,810円(生活費)=1,008,710円
1,008,710円÷96日=10,507円

 

おぉ!だいたい1日当たり1万円ではありませんか。

なので『ヨーロッパの1日当たりの滞在費=1万円』は正しいと思われます。

 

ちょっと飛び出た「1日当たり500円」の言い訳をさせていただくと、
途中でスリに遭いまして…
(パスポートは盗られず、現金の被害だけだったので、まだまだマシな方ですが。)
サイフから盗られたのが現金約3万円。
足止めをくらいましたので、ホテルのキャンセル料などでもう少し打撃がありました。。。
のでもしかしたら、このスリにさえ遭わなければ、目標1万円を達成できたかも。

 

こんな非常事態もあり得ますので、少し余分に考えた方がよいかもしれないです。

 

まとめると、ヨーロッパ旅の費用の計算式は、

『旅行日数×1万円+航空券代+保険代+持ち物購入費』

です。

 

まずは、大切なお金の話をしてみました。